小額投資による大化けチャレンジについて

私は超小額投資で高リスクを覚悟し、1〜2万の投資で3倍以上の株価になる宝くじチャレンジ投資を少しだけやっています。株式投資は基本的には優待や配当をゲットできる比較的リスクの低い株を中長保有投資していますが、株式投資には遊び心も必要と考えています。そこで私がやっているのは、年間5〜10銘柄程度で費用にして20万以内ですが広く浅く投資することです。自分なりにIR情報分析や社長のメッセージ、中期計画を確認して夢の共有を図るようにしています。

至近で成功した例はマーベラスAQLと日本通信でした。また、なかなか株価が上がらず入れ替えしたのは日本エスコン、ウィルでした。今でも所有しているのはエリアリンクで3000円からずっと保有し、今12000円になっています。このような投資スタンスは大量買いはしないこととし、単位元分のみ購入し成長を見守るというスタンスです。目標3倍以上ですがら気長なスタンスですが、だいだい12ヶ月で入れ替え判断をして継続保有銘柄を決定しています。

現在、私が再評価して再度購入を検討している勢いがある銘柄を紹介します。携帯のソリューションを業態としている日本エンタープライズは2012年頃は1万で保有していましたが、1万5千円で売ってしまいましたが現在2万5千円になっています。派遣業、通信、不動産のワールドインテックは、3万で購入して5万で売却しましたが現在7万になっています。また、サイト内検索や電話応答システムのフュージョンパートナーは、2012年頃に1万3千円で購入し2万で売却今は3.5万、映像や医療の技術者派遣などをしているクリーク&リバーは2012年頃2万で購入し3万売却しましたが、今は4.5万となっています。

いずれも収益拡大し最高益をただき出しているようでもう少し保有すべきという後悔とまた購入しようかと迷っている銘柄です。あくまで個人的な思入れのある銘柄なので投資は自己判断でお願いします。

>>バイナリーオプション対応の国内業者を徹底比較2016最新版