バイナリーオプション関連の米国経済指標ポイント

為替は通貨の供給量の影響を大きく受けるものです。 バイナリーオプションで金銭的リスクを伴いながら経済の勉強をするのは、ただ本を読んで勉強するよりも身になりかたが違います。 まず米国の経済での金融緩和について基礎的な指標を紹介します。 失業率がありますが、これはリーマンショック後は10%を超える高さとなりましたが、 近年は6%前後に落ち着いてきています。リーマンショック後のような経済危機においては FRB連邦銀行は、市中への通貨供給量を多くすることとなります。

この際、日本の中央銀行である、日本銀行が米国同様に通貨の供給量を増やす金融緩和を取らない場合は 円高ドル安となります。次に経済が危機的状況を脱して失業率もだんだんと低くなると仮定します。 この時には、FRBが失業率ターゲットを決めており、どのパーセンテージで金融緩和をストップするか ニュースとなりますので事前にチェックすることが必要となります。 現在FRBでは失業率6.5%で金融緩和をストップするガイドラインを出しています。 現在がまさにその状態で、金融緩和がストップされることとなります。

これは経済が循環し始めても金融緩和を継続すると今度はインフレが進みすぎるという懸念があるからです。 次に日本の金融政策を確認します。日本は引き続き金融緩和を実施しているため ドルに対して円の供給量が増えるためドル高円安となります。現在がその状況です。 このように日本と米国両国の経済指標のポイントとなる項目とFRBと日本銀行の政策やガイドラインを 勉強しておくだけでバイナリーオプションで役に立つトレンドをつかむことができるのです。

>>バイナリーオプション対応の国内業者を徹底比較2016最新版