海外のバイナリーオプションが好まれる理由と危険性

海外業者の方が良いと言われることがあります。その理由は国内にはバイナリーオプション規制があるからです。かつては一方的に業者側に有利なものとしてサービスが提供されていました。あまりにも不利な条件で取引を行っていたために、大きな損失を発生させてしまう投資家がいたそうです。その状況を改善するために規制がかけられました。

規制と言っても、これはもちろんですが日本政府によるものですから、日本の国内にしか影響はありません。多くの人にとっては、国内の業者で取引することで何らかの不利な状況が生まれるわけではありませんが、ギャンブルのような投機的な取引をしたい人にとって、国内業者に適用されている規制が邪魔になることがあるそうです。たとえば、短時間の取引は国内で禁じられていますから、ごく短期間の取引を行いたい人なら、国内業者で取引するよりも海外業者で取引をした方が良いと考えられます。

海外業者で取引をした方が良い人は、ごく一部いることはいます。ただ、海外という事情もありますから、あまり簡単なことではありません。というのも、安全性の面がどうなのかが分からないからです。実際、海外の業者にお金を預けて、それを返金してもらえないといったトラブルもあるそうですから注意が必要です。海外の業者から返金を受けるには、もちろんですが海外送金という手続きをとらなければならないのですから、簡単なことではありません。

また、資金管理の面で不安がある場合もあります。資金を分別管理していない業者もたくさんあるそうですから、この面でも非常に恐ろしいとしか言いようがないでしょう。このようなデメリットもありますから、海外業者を利用するときには安全性の高いものを選ぶことが必要です。もしも海外業者である必要がないのなら、国内業者を選んでおいた方が安心して取引できると考えられます。

>>バイナリーオプション対応の国内業者を徹底比較2016最新版