バイナリーオプションとは

バイナリーオプション取引は、金融商品のひとつですが、従来の金融商品と大きく異るところは、プラスかマイナスかの2分の1の確率で勝負が決まるというものです。 多くの金融商品では投資した株式や指数などの変動を利用して差益を得るというものですが、この場合には変動幅に応じて、その差益が決定されます。そのため、タイミングを逸すると得られたはずの利益を逃すケースもありますし、反対に損切りするタイミングを逸して、損失を拡大するリスクがあります。

その点でリスクが限定されつつも大きな利益を得られる金融商品となっており、多くの金融先物取引業者が提供している商品となっています。 一定の指数が指定された時間に、基準の価格より上回っているかどうかを判断して、プラスまたはマイナスの注文を出すものです。この予測があたれば、利益を得られ、外れれば投資した金額のすべてが没収されます。利益に関しては、投資した金額に対してペイアウト率によって決定されます。多くの場合には1.7倍から1.8倍程度とされているため、例えば1万円分を購入した場合には、7千円から8千円の利益が得られるというものです。

一方で損失に関しては投資した金額に限定されるため、1万円分を購入した場合には損失も1万円に限定されます。メリットはこの利益と損失が限定されているという点で、FX取引のような証拠金取引に比べてリスクが低く、また株式取引などと異なり低資金から利用することができます。 なお、バイナリーオプションの注意点としては一定の範囲で対象とする指数が動かない場合にはプラス、マイナスどちらとも払い戻されない可能性があるということです。また業者によっては手数料に差があり、払い戻される金額が想定よりも少ないケースもあります。一方で、損失に関しては限定されており、リスク管理が行える投資方法となっています。

>>バイナリーオプション対応の国内業者を徹底比較2016最新版