ドル円の予測は難しく過去50年では200円以上変動している

資金は貯めようと思わなければなかなかに貯められないものですが、そこでバイナリーオプション投資に通貨レート上昇に伴い近年再注目されています。 なかでも、ドル円のペアは世界の基軸通貨であるドルと世界の三大通貨の一つを占めて不況に強い円の最強ペアです。 世界でも、このペアはドルユーロと同じようにトレードする人が多いのです。 けれど、ドルやユーロなどに比べると、円は日本でしか使われていないし、通貨を日常生活で使用する国民も一億程度ですから、円の使用域にくらべるとその価値は評価されているようです。

それではなぜ、円はこのようにトレーダーからも支持される通貨になったのでしょう。 日本経済が戦後から復興期からは、固定相場制でしたので円は360円で一ドルの価値を持っていました。 しかし1972年ごろから固定相場制がなくなり、今と同じような時価で取引されるようになりました。 当時はFXすらありませんでしたが、もし一ドル360円の相場だとしたらレバレッジをかけても投資資金が多くなって大変な時期でした。

当時から現在50年近く経過したわけですが、現在のドル円ペアが120円程度だとして、実に240円も通貨価格が下落しました。 もし360円で購入をしていたのなら、資産が大損失していたわけです。 日本では21世紀になって登場をした新しい投資方法で、株などとは違い過去の傾向があまりないものです。 そのためこれから10年後、20年後、50年後と通貨価値はどのようにこれから変化をするのかはわかりません。 五十年かけて、200円以上価値を下げたのなら、50年後に200円以上価値を上げる通貨もあるでしょう。

現在のドル円ペアでロングでポジションを1万通貨とっていたら、もし50 年後に相場が360円になっていたのなら、1200000が3600000になっていて倍以上資産を増やせることになります。 ではドル円ペアにそんな未来はくるのかどうかですが、両国の経済関係が現在と同じなのなら行き過ぎた円安には是正をかけるはずですが、50年後の通貨を予測するのはあまりに難しいことです。

>>バイナリーオプション対応の国内業者を徹底比較2016最新版