逆指値注文でリスクマネジメントと利益の可能性を高められる

逆指値注文を利用することで、バイナリーオプションは効率よく取引ができるようになります。 あらゆる場面で利用することが多い指値注文とは異なり、逆指値注文はあまり使用を普段からしていないというトレーダーもいるようです。 けれど、それは何だかもったいないと感じるのは、逆指値注文を利用すればもっとトレードの幅が広がると思うからです。 それでは逆指値注文の使用パターンとはどういうときなのでしょうか。

まず利益確定をする指値注文がそうはらば、逆指値注文は損失を限定させる効果を持ち合わせています。 OCO注文では、逆指値注文も効果をあげていますように、IFO注文でも利益確定とは逆の損失を確定することができます。 つまり逆指値注文は、トレーダーにとってのストッパーのような存在であります。 逆指値注文を入れておくことで、ロスカットを未然に防ぐこともできます。 いわゆる損切りに多様されているのが逆指値注文ですが、実は逆指値注文を利益確定に使用するパターンもあるんです。 逆指値注文を利益につながる注文とはどういうものなのでしょうか。

それは、新規注文をだしたあとの建玉が、現時点で利益を上げている場合に、より多くの利益を上げられる見込みがあれば指値注文、そして現時点より下がってはしまってもいいがすぐに決済されないようにある程度余裕を持つために、下の価格で、それでも利益が出る価格で入れるのが逆指値注文でもあります。 思えば確かにこういう使い方もあるわけですが、利益の上限と下限を設定できるためポジティブな逆指値注文になります。

トレーダーは自分がよく使用するツールや注文方法でトレードをしがちですが、同じトレード方法で利益があげられなくなる前に、ちょっと少しずつ新たなことに挑戦するのもいいかと思います。 その意味で、逆指値注文は使う人や使うパターンでもっと色々な工夫の余地があります。 逆指値注文は、リスクマネジメントと利益の可能性を高めてくれるのでつかうにこしたことはありません。

>>バイナリーオプション対応の国内業者を徹底比較2016最新版