ドルコスト平均法でリスクを分散

投資のリスクを抑える方法として選ばれているのが積立投資信託です。積立投資信託はどうしてリスクを抑えることができるのでしょうか? 積立投資信託はその名の通り、毎月一定額分、投資信託を積み立てる投資です。この毎月一定額分というのがポイントなのです。 投資信託はそもそも株式や金など常に値動きのあるものに対して投資を行います。

この値動きは非常に激しいので、常に基準価格が変動しますので、リスクが見えづらいという特性があります。もしも安い時に買うことができれば、値上がりした際に含み益を得ることができますが、反対に高い時に買ってしまうと高値掴みのリスクが発生します。値動きの幅は大きく、運悪く大暴落に見舞われると含み損が大きくなってしまいます。

しかし、積立投資信託の場合はそのリスクを抑えることができます。これは先述した一定額分毎月積み立てるということに直結するのですが、値動きのあるものに対して毎月積み立てを続けるということは、価格が高い時も安い時も投資をすることになります。 すると一定額分買うとしたら高い時は口数が少なく、安い時には口数が増えることになりますので、繰返し投資を続けることで、毎月の平均買い付けコストが引き下がります。

これは投資を続けるうちにどんどんと一口あたりの買い口価格が平均化されていくので、長期で保有するとより効果が最大化されます、 この方法はドルコスト平均法と呼ばれており、長期投資をする投資家から大変多くの支持を集めています。

>>バイナリーオプション対応の国内業者を徹底比較2016最新版