株式投資は「投資」で「投機」ではないです

株式投資をする時に注意することが、信用取引をしないということです。 信用取引は、自分の持っているお金の3倍までのお金を借りることができます。 投資の世界では、お金が絡んでくると必ず欲が出てきてしまいます。 特に信用取引は、借金をしているのと同じ状態なのです。 ギャンブル性が高くなると、必ずマイナスすることがあります。

マイナスは、信用取引の場合は本当の命取りになります。 お金が無くなるだけだはなく、借金を負う羽目になります。 実際に信用取引が必要な「投資」は、まずない、ということを知っておきましょう。 「投資」は「投資」で「投機」は「投機」で同じではないということです。 短期的なお金のやりとりの、「投機」ということならば、信用取引もあるでしょう。 株式だけではなく、どの世界にも素人ではなくプロが存在しているということを、頭の隅においておきましょう。 甘くみていると、必ずと言っていいほど軽くやられてしまいます。

株取引きの中にも、勉強するべきことはたくさんあります。 例えば、配当だけを狙って配当ゲットする方法で、クロス取引というものがあります。 自分の持っている現物の株を利用するやり方で、手数料だけで配当ゲットということもあり得ます。 配当後は、配当分の株価の値下がりがあるとされています。 配当に振り回されないようにすることと、株価の乱高下に振り回されない投資の心が必要ですね。 まずは自分のスタイルを貫いていけるような、体制を整えることから始めてみましょう。

>>バイナリーオプション対応の国内業者を徹底比較2016最新版