取引の原点に戻ってバイナリーオプションはドル円オンリーで勝負

わりとバイナリーオプション歴が長いほうなのでユーロ円やポンド円はもちろんデイトレ向きでないランド円なども取引してきましたが、今は最初に始めたころよく取引していたドル円に戻ってきているので、やっぱり長く続けるには基本に帰るのが一番だと感じました。 なんだかんだ言って他の通貨ペアよりも動きが安定していると思いますし、スタンダードな順張りをするなら私の性格的にとても合っているような気がするから、これから先もドル円とは長い付き合いになりそうです。

クロス円で取引していたころは通貨ペアの特徴に沿った方法を使うために逆張りを取り入れたやり方もしていたものの、トレンドもレンジも両方取ろうと気合を入れると取引が途切れず常にポジションを持ってしまう形になるから、必然的に負ける確率も高くなったのでトレンド相場だけを狙うことにしました。

そういうスタンスで行くと決めたらクロス円よりもドルストレートがトレンド相場で利益を取る方法に向いているわけですし、自然とドル円のトレンドフォローというバイナリーオプションを始めたころに多くの人が学ぶ基礎といえる王道の取引方法が良いと思い、これからもドル円だけで稼いでいこうと誓っています。 同じドルストレートだとユロドルもあって、ドルが強くて方向が偏っていた時期は良かったしたまにポジションを持ったときはかなり稼がせてもらったこともあったけれど、急に長いレンジ相場に突入してからはそれほど順張り向きの通貨ペアと呼べなくなってきたから今は手を出す時期じゃないと判断しました。

バイナリーオプションを始めたころはドル円にそんなにトレンドが発生している印象がなかったので、身近な通貨ペアなのになんとなく取引しづらいと感じていて正直勝率が安定していなかったから、意外と玄人向けなのかなと思っていたこともありましたが、時間帯を選べば相場が予測しやすいと考えています。 夜中以外は日本に関係ある材料があっても動きにくい感じもあり、特に日本の株式市場が動いているときはバイナリーオプションをしたくても我慢して、アメリカの経済指標が発表される時間まで待ってからポジションを持つことに決めています。

>>バイナリーオプション対応の国内業者を徹底比較2016最新版