経済不安に強い国は日本と有事などの紛争に強い通貨はスイスフラン

日本円が買われているときは、経済状況は世界的に不安定なときに起こりやすい現象です。 世界中誰もが等しく投資をできる時代において、経済不安に強い通貨として世界から一目がおかれているのが日本円です。 日本円というと、2000年代後半から2010年代まで異常なほどの円高になり、世界経済がリーマンショックを境目に変わり始めました。 世界の投資家は、株式市場から撤退して円に投資をし直すというパターンもあります。 最近も、ギリシャなどの問題が尾を引き、中国のマーケットの反応などで日本円が買われたこともあります。 また、ヨーロッパ諸国の経済の復調が思わしくないことなどから、ユーロと円のペアはドルと円に比べてまだ差がついています。

バイナリーオプションのトレーダーにとって、こういう世界経済の不安定化は安全資産を求める動きに加速がかかり、比較的リスクが高い株式市場から円投資にくる人もいて世界経済の復調が円とむすびつきが強いのかが分かります。 しかしこういう世界不安と連動しているのは円に限ったことではありません。 スイスフランも、世界からは有事に強い通貨として信頼を得ているふしがあります。 スイスフランがなぜかと思いますがその理由は、スイスは永世中立国として有名ですから有事になったときの資産をスイスフランに変えるという動きになるようです。

世界の人たちのかんがえることはつまり、経済不安に強い国は日本、有事などの紛争に強い通貨はスイスフランという一致した意見があり、それがワールドスタンダードとなっています。 そうなると、円投資をしている人やスイスフランでバイナリーオプションをしているトレーダーは、日本にいると気づかないようなこの特性を理解していないとです。 経済状況は、あるひ突然報道で知ることもあり事前予測もし辛いですが、それでもギリシャの例をとれば予兆はあるものですし、それを逃さないことが大事ですし、失敗をしないこつになります。 トレーダーは通貨の特性を知って、稼ぐポイントを見極めましょう。

>>バイナリーオプション対応の国内業者を徹底比較2016最新版