不動産投資のリスクを抑えるサブリースシステム

不動産投資は非常にリスクの少ない投資と言われています。不動産投資は数千万円、場合によっては億単位という高額の費用を使ってマンションやアパートを買って他人に賃貸し、家賃収入を得るので、もしも入居者が集まらなければローンの支払いだけ発生してしまうので、リスクが大きいと思われがちですが、実はそうでもありません。 もちろん、入居者が集まってコンスタンスに家賃収入が得られれば言うことはありません。一度入居者が来てくれれば大体2、3年程度は住み続けてくれるのが一般的ですから、それでなんとかローンの返済は賄えるでしょう。

しかし、日本は人口が減少傾向にある上に、どんどんと新築マンションが乱立しているので、マンションやアパートを買ったとしても入居者が集まるという保証はありません。 では、そこのリスクをどうやってカバーしていくのか、というと不動産管理業者が提供しているサブリースシステムを利用することです。 サブリースシステムはオーナーが所有している不動産を不動産管理業者が借り上げてくれるサービスです。

不動産管理業者は借りた物件を自分たちで運営し、入居者を集めて不動産を賃貸させます。 オーナーからしたら又貸しという形になります。 オーナーは入居者が集まっても集まらなくても、サブリースシステムを利用している以上は継続的に収入が得られるので、空室リスクがなくなります。その代わり一定の手数料を支払わなくてはならないので、本来ならば入居者を集めた方が収益性があるのですが、リスクヘッジとしては非常に効果的です。

>>バイナリーオプション対応の国内業者を徹底比較2016最新版