張り付き型でなければ、ゆっくりと休憩する

張り付き型のトレード手法、つまりはスキャルピングと5分足で判斷するようなデイトレードの中でもそれなりに1日の取引回数が多い手法以外は、実はそれほど一日でトレードに費やす時間は多くはありません。一般的なデイトレードで一日のトレード回数は1〜3回くらいの人が多いのではないでしょうか。

そのエントリーするタイミング以外は、それぞれのトレーダーが好き勝手にやっているもので、ゆっくりと休憩したり、更に手法をブラッシュアップするために検証したりしています。個人的におすすめするのが、ゆっくりと休憩をすることです。いざ、エントリーチャンスがきたら、それは集中してエントリータイミングを取って、リミットポイントかストップポイントで決着するまで気合を入れます。そのときに余計なことをして疲弊していると、集中力が無い状態でトレードすることになり、大変危険だからです。

ゆっくりと休むといいでしょう。プレイステーション3でも持っていれば、レッドデットリデンプションでもやってリラックスるといいでしょう。オープンワールドゲームなので、膨大な世界が広がっており、のんびりと愛馬で旅をするだけでも癒やされるでしょう。やや暗いシーンが見にくいのでブライトネスを調整することでグッと見やすくなります。西部劇の雰囲気がよく練られて作りこまれており、レベル制ではないのですが長い時間、遊べるゲームだと思います。今は中古なら値段も安いのでかなりおすすめですよ。

バイナリーオプションのトレード検証はチャートが進んでいない土日に行なうほうが良いです。トレードしながら、だと検証ルールとトレードルールがごっちゃになる可能性もありますし、検証で疲弊しているため、満足のいく会心トレードにならないおそれもあります。そのため、しっかりとトレードするときと検証するときは日を変えるべきだと考えます。トレードするときにはトレード時間以外はゆっくりとリラックスタイムにするくらいがちょうどいいです。

>>バイナリーオプション対応の国内業者を徹底比較2016最新版