損切りでドスン!と落ち込まないために体のケアが大事

7月7日。昼食は野菜サラダと納豆。軽めに済ませて、早めにパソコンに向かっています。13時30分から豪州政策金利発表があるので、集中力を高めようと少ししか食べていません。胃もたれすると頭がボーッとしてきたり、体がだるくなるので、最近は軽めを意識するようになりました。あるとき胃もたれがして体が疲れやすくなって、食べるのが億劫になって思い切って食べる量を減らしてみたところ、体が軽くなったし、夜もよく眠れるようになりました。

すると、集中してバイナリーオプション相場を見れるからいいですね。損切りになっても体がえらいときと軽いときではダメージが違ってきます。えらいということは精神的にそれなりの負荷がかかっています。えらいときほど人間は、自分がしている行動を頑張っていると思いやすくなるそうです。心のどこかで、自分は頑張っていると思っています。そんなときに損切りにあえば、こんなえらい思いをしてトレードしてるのにうまく行かなかった!と落ち込んでしまうと思います。腹が立つこともあるでしょう。

そうなると、ますます神経は興奮して、体にダメージが及びます。それはよくないですね。また、体が軽いときは、集中力も高く、意識せずとも頑張れていると思います。気持ちよく頑張っている状態。そういうときにトレードをして損切りにあったとしても、体がえらくないぶん、すぐに気持ちを切りかえられるんじゃないかなと思います。そうなれば、まだ頑張ろうという気持ちが残っていますから、1回の損切りでドスンとならず、また今度挑戦すればいいじゃないかと前向きな気持ちを維持できると思います。

こまめな体のケアは、相場を気持ちよく見たり、やる気を出すために大事ですね。体がえらいと集中しようと思っても続きません。そんなときに不安定な動きをするような相場と出会うと、イライラすることだってあるかもしれません。イライラすることは、健康にも非常に不利です。体を軽くしたからって勝てるわけではありませんが、勝つために大事な集中力を養うことが出来ます。

>>バイナリーオプション対応の国内業者を徹底比較2016最新版